<< また会う日まで。     祖母とクライドルフ >>